日韓獣医疫学合同シンポジウム
JPN-ROK Joint Symposium in Veterinary Epidemiology

日韓獣医疫学合同シンポジウム
-重要感染症制御のための疫学的アプローチ-
JPN-ROK Joint Symposium in Veterinary Epidemiology
―Epidemiological Approach for the Control of the Important Infectious Diseases―

日時:2016年6月11日(土)9:40-18:30(開場9:00)
会場:東京大学農学部1号館8番教室
ポスターセッション12:00-13:30  


ポスター演題(韓国からの演題および一部の国内演題は事務局訳)

  1. Wooseog Jeong(韓国動植物検疫機関)ら
    Clinical Manifestation of H5N8 Highly Pathogenic Avian Influenza in poultry farms in Korea
    (韓国の養鶏場における高病原性鳥インフルエンザ(H5N8)の臨床症状)
  2. Min Kang(全北大学校)ら
    Spatial, temporal distribution and animal variation in prevalence of influenza A virus in South Korea
    (韓国におけるA型インフルエンザの時空間分布と動物種間の有病率の多様性)
  3. 野津昂亮(宮崎大学)ら
    A regional survey for bovine leukemia virus infection in slaughtered cattle in western Japan
    (九州地域におけると畜牛を対象とした牛白血病に関する地域調査)
  4. Jun Hee Han(韓国動植物検疫機関)ら
    Space and time analysis of Brucellosis case from 2010 to 2015 in Korean cattle farm
    (2010~2015年における韓国の牛農場のブルセラ病発生に関する時空間分析)
  5. Mohammad Aref Agah(宮崎大学)ら
    Abattoir screening for detection of bovine viral diarrhea virus infection in beef cattle in western Japan
    (九州地域における牛ウイルス性下痢ウイルス感染症の検出を目的としたと畜場スクリーニング検査)
  6. 山本健久(農研機構)ら
    Evaluation of control strategy for paratuberculosis in Japan using individual based simulation model
    (個体ベースモデルを用いた日本におけるヨーネ病防疫戦略の評価)
  7. Jee-Hye Kim(韓国動植物検疫機関)ら
    Mathematical models on foot-and-mouth disease and highly pathogenic avian influenza to simulate within-and-between farm transmission
    (農場内および農場間伝播をシミュレートするための口蹄疫および高病原性鳥インフルエンザについての数理モデル)
  8. 蒔田浩平(酪農学園大学)ら
    Comparative analysis of inter-farm spread of porcine epidemic diarrhea in Miyazaki and Kagoshima Prefectures in Japan using mathematical modeling
    (宮崎県および鹿児島県における豚流行性下痢農場間伝播の数理モデル)
  9. Kyuyoung Lee(韓国動植物検疫機関)ら
    Temporal change of network properties and structure of vehicle movements among commercial duck farms in two provinces in the Republic of Korea
    (韓国の2道におけるアヒル農場間を移動する車両のネットワークの構成および構造の時間的変化)
  10. 門脇弾(酪農学園大学)ら
    Quantitative risk assessment of dog rabies spread in Japan using mathematical modelling
    (数理モデルを用いた日本における狂犬病拡散リスクの定量)
  11. Han Soo Lee(Korea Institute of Environmental Ecology)ら
    Active Monitoring System for Highly Pathogenic Avian Influenza based on Migratory Bird Tracking using GPS-Mobile Telemetry System
    (GPSモバイルテレメトリーシステムを用いた渡り鳥の追跡に基づく高病原性鳥インフルエンザのモニタリングシステム)
  12. 土井寛大(日本獣医生命科学大学)ら
    Chronospatial analysis of distribution and parasitism of hard ticks (Ixodidae) using CPUE based relative population density of feral raccoon (Procyon lotor)
    (外来アライグマ(Procyon lotor)の相対生息密度からみたマダニ類(Ixodidae)の分布と寄生状況の時空間的解析)
  13. Young-Myong Kang(韓国動植物検疫機関)ら
    Geographical positioning system based tracking system to identify movement pattern of domestic and wild animals in Eastern Mongolia
    (モンゴル東部における家畜と野生動物の移動パターン同定のためのGPSベースの追跡システム)
  14. 井上智(国立感染症研究所)ら
    Rabies surveillance according to the guidelines of animal rabies survey in Japan
    (動物の狂犬病調査ガイドラインに基づく日本の狂犬病調査)
  15. Jida Choi(韓国動植物検疫機関)ら
    Korean animal health integrated system(KAHIS), tools for outbreak investigation
    (韓国の疾病調査に関する家畜衛生情報システム)
  16. 山口菜美(動物検疫所)ら
    Import risk analysis of livestock and its application into risk management at border control in Japan
    (家畜生体の輸入リスク評価と動物検疫における活用)
  17. Bilguutei Odgerel(韓国動植物検疫機関・ソウル大学校)ら
    Underlying Causes of Desertification in Mongolia
    (モンゴルにおける砂漠化の潜在的原因)
  18. 小田光康(明治大学)
    The comparative study on the editorial policy in MERS issue between Korean media and Japanese media
    (韓国と日本におけるMERSに関する編集方針に関する比較研究)
  19. Hachung Yoon(韓国動植物検疫機関)ら
    Economic impact of foot-and-mouth disease (FMD) to pig farms during the 2014/2015 epidemic in the Republic of Korea
    (韓国における2014-2015年に養豚場で発生した口蹄疫の経済的影響)
  20. 松田真理(東京大学大学院)ら
    The sales amount of veterinary antimicrobial agents in food-producing animals in Japan from 2005 to 2013
    (2005-2013年における食用家畜に対する抗菌剤販売量)