獣医疫学Q&A 
第1回 ~疫学の研究手法について~ その1

【問 題】以下は「記述疫学」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 記述疫学では問題発生や疾病とその原因についての因果関係を直接証明することは難しい。
b. 記述疫学研究を実施する際の評価の指標として、オッズ比がある。
c. 記述疫学の三要素のうちの一つは「病原体」であり、その特性を詳細に調べて疾病や問題発生との関連を推定するために用いられる。
d. 記述疫学の三要素のうちの一つは「時間」であり、疾病や問題発生の経時的パターンを把握するために用いられる。
e. 記述疫学の三要素のうちの一つは「場所」であり、疾病や問題発生の地域的な分布を知るために用いられる。
 
1.aとc  2.bとd  3.cとdとe  4.aとdとe  5.該当なし
【答え】

第2回 ~疫学の研究手法について~ その2

【問 題】以下は疫学研究手法の一つである「横断研究」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 有病率調査などに用いられることが多く、対象は個体のみに限られる。
b. ある一時点の調査を行うため、疫学情報収集や検体サンプリング期間が数か月に及ぶ場合は横断研究とは呼ばない。
c. 症例対照研究と比較して、比較的因果関係の立証がしにくい研究手法である。
d. 他の疫学研究に比較して、一般的に費用は少なくて済む。
e. リスク比を用いて疾病の有無とその疑わしい要因の関連の強さを評価することがある。
 
1.aとc  2.bとd  3.cとd  4.cとdとe  5.該当なし
【答え】

第3回 ~疫学の研究手法について~ その3

【問題】以下は「症例対照研究」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 対象疾病の有病率を算出することができる。
b. 評価の指標として、オッズ比がある。
c. 情報収集の時間的方向性から前向き研究とされている。
d. 曝露頻度が少ない要因の評価は、症例数が少ない疾病では困難である。
e. 調査対象となる個体や集団は研究開始時点で確定している必要がある。
 
1.aとc  2.bとd  3.bとcとe  4.aとdとe  5.該当なし
【答え】

第4回 ~疫学の研究手法について~ その4

【問題】以下は「コホート研究」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 発生頻度の低い疾病を対象にする際には、少数のサンプルでの評価が可能である。
b. 過去の出来事を調べるため、後ろ向き研究とも言われ、調査期間は短くて済む。
c. 分析疫学のうち、最も正確に因果関係を評価することができる。
d. 結果を評価する際の指標として、相対リスクを用いる。
e. 調査サンプル数は調査開始時点で確定させておく必要がある。
 
1.aとc  2.bとd  3. cとd  4.aとdとe  5.該当なし
【答え】

第5回 ~疫学の研究手法について~ その5

【問題】以下は「介入研究」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 一般的に分析疫学の各研究手法に比べて因果関係の証明度合いは強い。
b. 研究仮説に合理性(この表現が少し硬いのでは?私が読んでいても、研究仮説の合理性?って何?って思ってしまいます。)が認められれば、研究対象の割付け(これも表現が難しすぎるような。処置群と対照群への割り振り、ぐらいではどうか?)は任意に行うことができる。
c. 対象集団を曝露/非曝露の2分類だけに分けて実施する。
d. 研究対象に対して介入以外の一切のコントロール(介入研究の中に、実験室内試験を入れた場合、実験動物は空気や餌、環境がコントロールされますよね?実験室内試験を疫学研究手法の中に入れない、という考え方もありますが・・・疫学実用ハンドブックでは一緒に並べて入れましたが・・・。また介入以外の一切のコントロール、という表現も少し分かりづらいのでは?)を行わない。
e. 手法が適正であれば、研究対象からの同意がなくても実施することができる。
 
1.aとc  2.bとe  3. cとd  4.aとd  5.該当なし
【答え】

第6回 ~疫学の研究手法について~ その6

【問題】以下は「生態学的研究」に関する説明である。正しい組み合わせはどれか。
a. 集団の特性を把握するため、各集団内の個体を詳細に観察する。
b. 既存の情報を活用することができる。
c. 生態学的研究から得られる結果は、すべての個体の状況を正しく反映したものとなる。
d. 一般的に他の疫学研究と比較して費用と時間が少なくて済む。
e. 研究の手法としては前向き研究に分類される。
 
1.aとc  2.bとd  3. cとd  4.aとd  5.該当なし
【答え】

第7回 ~疫学で用いられる指標について~

【問 題】以下の疫学指標に関する説明について、正しいものの組み合わせはどれか。
a. 疫学指標は「割合・比・率」に大別されるが、このうち、割合は時間の概念を含む。
b. 発生率は、ある一時点で罹患している人や動物の、対象集団に占める割合のことを示す。
c. 発病率は食中毒発生時に活用される指標である。
d. オッズ比は症例対照研究において用いられる指標である。
e. 寄与リスクは、因子へ曝露した群としていない群それぞれにおける疾病等の発生頻度を、比で表したものである。
 
1.aとc  2.bとd  3. cとd  4.aとd  5.該当なし
【答え】

第8回 ~因子への曝露と疾病発生の因果関係について~

【問 題】以下の因果関係に関する説明について、正しいものの組み合わせはどれか。
a.因果関係を証明するためには、時間性、強固性、一致性、整合性、特異性のうち、一つでも成立していればよい。
b.ある因子と疾病発生の間に真の因果関係があるにもかかわらず、統計学的関連が認められないことがある。
c.因果関係を時間性の観点から検討できる疫学研究手法の一つに横断研究がある。
d.因果関係における関連の特異性は、因子への曝露と疾病発生の量反応関係について検討することにより評価できる。
e.関連の一致性の評価の際には、バイアスに注意する。
 
1.aとc  2.bとd  3.bとe  4.cとd  5.dとe
【答え】

第9回 ~誤差とその制御について~

【問 題】以下の疫学研究における誤差に関する説明について,正しいものの組み合わせはどれか。
a.偶然誤差の発生自体は人為的に制御できない。
b.系統誤差(バイアス)の大きなデータは,標本数を増やすことによってその質を高めることができる。
c.思い出しバイアスは選択バイアスの一つである。
d.データの交絡を是正する手法の一つに,多変量解析がある。
e.疫学研究においては,データの精度とデータの正確性は同じ概念である。
 
1.a とc   2.a とd   3.b とd   4.c とd   5.d とe
【答え】

第10回 ~標本抽出について~

【問 題】以下の疫学研究における標本抽出に関する説明について、正しいものの組み合わせはどれか。
a. 獣医疫学分野における標本の単位は、個体のみである。
b. 母集団の状況把握をするためには有意抽出より無作為抽出の方が優れている。
c. 標本抽出方法のうち、単純無作為抽出法は最も低コストな手法である。
d. 予想される有病率が高いほど、必要な標本数は増える
e. 有病率の信頼区間を推定する場合、標本数を増やすとその幅は狭くなる
 
1.aとc  2.aとd  3.bとd  4.bとe  5.dとe
【答え】

第11回 ~サーベイランスについて~

【問 題】サーベイランスに関する説明について、正しいものの組み合わせはどれか。
a. 能動的サーベイランスは受動的サーベイランスよりも優れている。
b. サーベイは、サーベイランスよりもより短期間で集中的に実施される活動である。
c. 収集した情報を集計・分析することにより、サーベイランスの目標は達成される。
d. サーベイランスの目標は監視活動であるが、モニタリングは観察し、記録することに重点が置かれる。
e. サーベイランスは結果を還元することよりも、継続することが重要である。
 
1.aとc  2.aとd  3.bとd  4.bとe  5.dとe
【答え】

第12回 ~スクリーニングについて(その1)~

【問 題】 疾病対策におけるスクリーニングに関する説明について,正しいものの組み合わせはどれか。
a.スクリーニングは疾病の確定診断のために実施される。
b.疾病によっては,複数の検査を組み合わせてスクリーニングを行うことがある。
c.スクリーニングの結果は,感染の進行状況や,年齢などによって影響を受ける。
d.スクリーニングでは,用いる検査の精度が最も優先される。
e.スクリーニングで検査陽性となった個体は,すべて罹患個体と判断する。
 
1. aとc   2. bとc   3. bとd   4. cとd   5. aとe
【答え】

第13回 ~スクリーニングについて(その2)~

【問 題】スクリーニングに関する説明について、正しいものの組み合わせはどれか。
a. 敏感度(感度)が高い検査は、偽陽性となる個体が少ない検査である。
b. 特異度は、疾病に罹患していない個体のうち、検査の結果陰性となる個体の割合である。
c. 真の有病率が高い集団のスクリーニングにおいては、陰性反応的中度は高くなる。
d. カッパ係数によって複数の検査の一致度合いが評価できる。
e. ROC曲線は,敏感度(感度)を縦軸に、特異度を横軸にして描かれた曲線である。
 
1. aとc  2. bとc  3. bとd  4. cとd  5. aとe
【答え】

第14回 ~感染症の疫学(その1)~

【問 題】感染症の疫学に関する説明として,正しいものの組み合わせはどれか。
a.原因となる病原体が特定できれば,感染症の疫学の目的はすべて達成される。
b.病原巣は,生物体に加えて土壌等の周辺環境もなり得る。
c.機械的伝播においては,病原体は媒介動物内で増殖しない。
d.病原体の伝播経路のうち,空気感染は直接伝播の一つである。
e.潜伏期は病原体に感染してから感染性を持つまでの期間を指す。
 
1.aとc  2.bとc  3.bとd  4.cとd  5.aとe
【答え】

第15回~ 感染症の疫学(その2)~

【問 題】感染症の疫学に関する説明として、正しいものの組み合わせはどれか。
a. 不顕性感染とは、免疫が誘起されない感染状況のことを指す。
b. 潜伏感染には持続感染、慢性感染、遅発性感染が含まれる。
c. 流行とは、特定の疾病の発生件数が通常の頻度を超えている状態を指す。
d. 散発的発生は感染力や毒力が弱い病原体によって起こされることが多い。
e. 流行曲線によって、感染源を特定することが可能となる。
1.ac  2.bc  3.bd  4.cd  5.ae
【答え】